20130911_017


☆宮島酒店~信濃錦 一瓢(いっぴょう) ひやおろし


東心斎橋の笠屋町ダイナーで頂きました。秋になるとこの「ひやおろし」という
表現のお酒がたくさん出てきます。意味を調べてみました。


ひやおろしとは、その昔、冬にしぼられた新酒は、劣化しないよう春先に火入れ
(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が
同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に
「卸(おろ)して」出荷したことから、このお酒は「冷卸(ひやおろし)」と呼ばれ、
秋の酒として珍重されてきました。


日本酒は1年をかけて熟成していきますが、特に暑い盛りの夏を越えると大変身。
気温の高い夏には急速に熟成が進み、味わいの成分が馴染んで、大きく変化します。
旨みが増して、まろみを帯びて、もっともバランスのよい状態に。その熟成の旨みを、
もっともよく伝えてくれるのが、この〈ひやおろし〉です。穏やかで落ち着いた香りと、
濃醇な味わいが特徴です。まさに円熟の味わい。旨みののった秋の味覚とも、
相性抜群の美味しさです。



素晴らしいお酒でした。今の季節しか飲めないっていうのが良いですね。季節感を
感じる日本酒だと思います。ここの「海鮮丼」と一緒に頂きました。
20130911_018
20130911_019
20130911_025
20130911_027


☆宮島酒店~信濃錦 一瓢(いっぴょう) ひやおろし




楽天での検索結果→→→コチラをクリック

amazonでの検索結果→→→コチラをクリック




人気ブログランキングへ←←応援クリックよろしくお願いします